オーガニック商品は必ず規定があるのを知っていますか?

オーガニックとは?

以前は「オーガニック」といえば、「オーガニック野菜」ぐらいしか見かけることがありませんでしたが、最近ではどんどん私たちの身の回りに「オーガニック」製品が増えてきています。
たとえば、「オーガニックコスメ」「オーガニックコットン」「オーガニックレストラン」「オーガニックワイン」・・・。その範囲は、どんどん大きく広がってきているようです。
それだけ、今の時代には「オーガニック」製品が求められているということなのでしょう。

オーガニックって、そもそも何なのでしょう?
オーガニック(organic)とは、日本では「有機」のことを言います。
化学的につくられた農薬や肥料を使わないで、土の力を生かし、堆肥や生物などを利用して、健康で安全な農作物を栽培する農業の方法を、「オーガニック農法」と呼びます。そこから「オーガニック」という言葉が使われるようになったそうです。

「有機」とは、辞書を引くと「生命力を有すること」とあります。
化学薬品や農薬を使って農作物を作ってきた結果、さまざまな困った問題が起きてきました。健康被害や土壌汚染などは、その一つです。そうした問題があったからこそ、オーガニックは注目されているのです。
今オーガニックは、単なる「有機農産物」「有機食品」という意味を超え、命に力を与えるための「健康法」マクロビオティックや、ロハスなどの新しい「生き方」などへと発展してきています。

オーガニックにはルール(基準)がある

「この生産物はオーガニックである」という証明は、一体誰が決めているのでしょうか?

日本の場合は、国から認められた認定機関が、国の決めたオーガニック基準にもとづいて、農産物をつくる農家を検査し、オーガニックであるかどうかを決めています。このオーガニック基準とは、JAS法に決められた日本農林規格(JAS規格)です。

この基準にクリアして、「これは間違いなくオーガニック」と有機の認定を受けた食品のみ、「オーガニック」「有機」と表示して、「有機JASマーク」をつけることができます。
つまり、私たちは一目でオーガニック食品がわかるようになっているのです。

「無農薬・有機栽培をしています」というだけでは、オーガニックの「認定」をもらえるわけではありません。
オーガニックの検査には、農産物の栽培方法はもちろん、製造工程、流通方法、商品の保管・管理などを細かい審査内容が設定されていて、認定検査官の事前審査とオーガニックに関する講習を終了しなければ認定されません。オーガニックの基準は、厳しく決められています。

たとえば、「他の場所から農薬がかかる心配はないか」「収穫したものを洗ったり、袋につめたり、保管したりする場所はどのようになっている か」・・・、製造業者の場合は「工場の掃除方法はどうか」「加工場のまわりの植木などに殺虫剤は使われているか」「トラックで輸送される場合は、どのト ラックで、どのような状態で輸送されているのか」・・・など、とても細かいところまで及びます。

オーガニック認定品とは?

オーガニック認定品は、次のような要素を満たしているものです。

<有機農産物>
化学合成農薬、化学肥料、化学合成土壌改良材を使わないで3年以上(水稲や野菜などの一年生作物は、種蒔きまたは植え付けの前2年以上)を経過し、堆肥などによる土づくりを行った田畑で収穫された農産物。

<有機農産物加工食品>
原材料に有機農産物を使い、その特性を保ちながら製造し、化学的に合成された食品添加物の使用を避けることを基本として製造された加工食品。食塩及び水の重量を除いた原材料のうち、有機農産物の原料を95%以上使って作った食品であることと、基準が決められています。