有機認定が付いていれば大丈夫?

有機認定マークがついているだけで、満足ですか?

有機認定機関の審査を経て、有機の認定をもらい、認定マークをつけられたオーガニック野菜やオーガニック食品は、「安心」という点では一番の商品といえるかもしれません。まさに「安心野菜」「安心食品」です。

でも、有機農産物と一般的な農法で栽培した作物を、「美味しさ」「栄養面」などの点で比較してみると、まれにオーガニックよりも一般の作物の方が美味しいという評価があったり、栄養面で優れていることがあるそうです。
有機農産物の中でも、「美味しさ」「栄養面」にはバラつきがあり、品質という点では千差万別だという話も聞きます。

生産者の人間性、農作業を知って、高いレベルの有機農産物を選ぼう

それは、どうしてなのでしょう。有機野菜は、安全性はもちろん、栄養面、美味しさの面でも優れていると思っている人は多いと思います。
その理由として考えられることは、有機栽培を行う人の生産方法には「差」があるからだといわれています。
つまり、有機栽培をする人すべてが、高い技術を持っているとは限らないということです。農作物などには、作り手の経験からくる農作業への哲学や、こだわ り、技術などが生かされています。有機JAS認定は、農薬や化学肥料を使用しないことなど、「安全」面の基準をクリアしているものに与えられますが、美味 しさや栄養面の要素については求められていません。

「有機農産物」といっても、わずかな有機材料を肥料として施して生育させたものも、山と海の有機材料を何十種類もブレンドした肥料を、土の質にあわせて施して生育させたものも、どちらも有機農産物の基準に合えば、「有機」と認定されています。

私たちは、有機認定マークの製品を選んで安心するだけではなく、生産者の人間性や行っている農作業を良く知って、高いレベルの有機農産物を選んでいくことが大切なのかもしれません。

(参考本:「リアル・オーガニック・ライフ」須永晃子著)