オーガニックコスメとは

オーガニックコスメの認定基準がない、日本

オーガニックコスメとは、無農薬で化学肥料を使わない土地で作られた植物を使って、化学物質を使用しないで製品化した化粧品のことで、化学物質を含んでいない化粧品のことを言います。

現在の日本では、オーガニックコスメの認定基準はありません。
日本の有機JAS制度は、国内で販売する農産物や農産物加工食品に対しての基準で、化粧品に対する基準ではありません。基礎化粧品もメイク用のコスメも、日本でオーガニックと認められた製品はないということです。

一方の海外には、化粧品に対して認証団体独自の基準(規格)があり、各団体によって規定や基準が定められています。その厳しい規格をクリアすれば、「オーガニック」(有機)の認定マークをつけて製品を販売することができます。ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなどには、有名な化粧品ブランドが多くあります。特にオーガニック先進国として知られるドイツは、オーガニックコスメのブランドが充実しているようです。

日本の自然化粧品が「オーガニック」か、見分けるために

このように、日本の場合は化粧品に対する「オーガニック」の厳格な審査がないため、製品に「オーガニック」と表示されていても、その表示が正しいのかどうか見分けることができません。
ほんのわずかな有機栽培ハーブを使用して、たくさんの保存料や化学成分でできている化粧品を、オーガニックコスメとして売り出しているケースも見られます。

では、本当のオーガニックコスメかどうかを見分けるためには、本物の自然化粧品を見つけ出すためには、どういうポイントをみるといいのでしょうか。

メーカーによっては、ラベルに「オーガニック成分の配合率」が表示されています。できるだけオーガニック成分の配合率が高いものを選ぶといいでしょう。
また、配合率が示されてない場合は、ラベルの成分表を見て、できるだけ上位にオーガニックの成分が表示されているものを選ぶといいでしょう。上位に表示されている成分は、その製品に多く含まれている主要な成分ということを示します。

また、「殺虫剤不使用」、「自生」「野生」という言葉にも注意してください。 「殺虫剤不使用」という表示には、法的な定義がないために、無意味に近いという問題があるそうです。オーガニックな成分を使用していても、化学薬品を使っている可能性があります。
「自生」「野生」の植物を摘み取って原料にしているという化粧品の場合、そうした原料はオーガニックとは認められません。噴霧された農薬や殺虫剤が風に流されて、自生する植物に影響を与えていることが考えられるからです。

原料について不安があるときは、化粧品のメーカーに問い合わせをしてみることもおすすめです。

(参考本:「オーガニック美容法」)

化学合成物質よりも、「鉱物色素」のコスメを

最近の「自然派」「オーガニック」コスメには、かつての「使いにくさ」や「仕上がりの悪さ」を返上した、「仕上がりの良い」マスカラやファンデーションなどの自然派メイク用品が登場しています。

オーガニック・ビューティを目指すなら、コスメ用品も成分表を見てから選びましょう。
本物の自然派(オーガニック)メイクアップ化粧品は、化学合成物質ではなく鉱物色素を使っていることがポイントになります。

<注意したい色素>
*「色素」の前に「FD&C」という文字があるときは、その色素の原料はコールタールです。コールタールの元は歴青炭ですから、ベンゼン、ナフタリン、クレオソールを含んでいることになります。こうしたコールタール抽出物で問題になっているのは、発ガン性があることです。
「FD&C」の色素とは米国食品医薬品局が仕様を承認した色素なのですが、「FD&C Blue No.1」→日本名「青色1号 Blue No.1」、「FD&C Yellow No.5」→日本名「食用黄色4号 Yellow No.4」ということからもわかるように、日本でいえば「タール色素」です。
日本の化粧品の成分表には、「○色○号」という表記をよく見ますが、これは全てタール系色素を表しています。タール色素は、混ぜることにより多彩な色を作り出すことができ、発色がよく色あせしにくいという特徴があります。しかしタール系色素は、色素沈着やくすみ、シミ(色素斑)の原因だけでなく、発ガン性の危険性が高いことや、アレルギー反応を誘発しやすいことで知られます。

*アルミニウムもまた避けたい材料です。アルツハイマー病との関連が指摘されたこともあり、パウダーなどをはたくときに私たちは吸い込んでしまいます。

*タルクも発がん性物質であるアスベストと同じ鉱物グループから精製されています。できれば避けたい成分です。

*他にも鉱物油と石油抽出物が、メイク製品には使用されています。これらは肌のトラブルを起こしやすい物質ですので、避けた方がいいでしょう。

<鉱物(ミネラル)色素>
メーカーは、有害性のある合成色素の代わりに、鉱物色素を使用した製品を作り始めています。鉱物色素とはミネラル色素、天然色素ともいわれます。鉱物をミクロ単位に美粉末にしているため、肌にベールをかけるように肌を保護し、自然な仕上がりにします。
たとえばミネラルファンデーションを見ると、この最大のメリットは肌への負担の少なさだといえるでしょう。肌への圧迫感がなく、自然な仕上がりのものが多いようです。また肌機能を壊しがちなクレンジングではなく、石けんで落とすことができます。つけていても、メイクを落とすときも、肌負担が少ないわけです。
こうした鉱物色素を使用した、自然派メイクアップ製品が揃ってきています。

(参考本)「オーガニック美容法」)