無添加化粧品や自然派化粧品と何が違うの?

無添加化粧品と自然派化粧品の違いは?

コスメショップには、海外で認定を受けた「オーガニックコスメ」をはじめ、無添加化粧水、無添加の石鹸、無添加の日焼け止め・・・といった無添加を強調した「無添加化粧品」や、ハーブや植物のエキスが入ったと大きく宣伝する「自然派化粧品」など、ナチュラル志向の化粧品ブランドがたくさん登場しています。
通販化粧品としても「無添加化粧品」「自然派化粧品」は多く見かけますし、それだけ人気になっているということは、肌トラブルに悩む女性が多くいて、もっと肌にやさしい自然な化粧品を使いたいというニーズが高まっているということなのでしょう。

ところで、「無添加化粧品」と「自然派化粧品」の違いを知っていますか?
この違いを知っておくと、化粧品の選び方もまた変わってくるかもしれません。

*無添加化粧品とは

この言葉の意味から想像すると、「化学成分や添加物が、まったく使われていない化粧品」と思ってしまいがちですが、残念ながら実際はそうではありません。
正確には、「旧厚生省が指定したアレルギー反応を起こす危険性のある、102種類の成分が含まれていない製品」を、無添加化粧品といっています。

つまりは、肌に悪い影響を与える102種類の指定成分を使用していないということです。
もっと深く考えると、102種類の成分を使用していなければ、たとえその他の危険な成分、防腐剤や石油由来の化学成分を使用していても、無添加化粧品になるということです。

その一例として、「フェノキシエタノール」という防腐剤は、無添加化粧品によく使用されているということを、本で読んだことがあります。フェノキシエタノールは防腐剤、殺菌剤として使われる成分ですが、少量でも効果が高いため、肌への負担も大きいものとして知られています。
しかし日本の場合、原料を安定させる目的や、防腐や殺菌の目的で防腐剤などの化学物質が使われていても、成分表示を行う義務はありません(これは「キャリーオーバー」といわれます)。

ですから、「無添加化粧品」という表示だけで、安全とだということは判断できないようです。

*自然派化粧品とは

天然の植物系成分を多く配合した化粧品やコスメのことです。自然由来の植物エキスを主に、他にも動物成分、鉱物成分(ミネラル成分)などを原料にして作っています。しかし、自然のエキスはほんの一部で、他にさまざまな化学物質が含まれているという製品も多くみかけます。

自然派化粧品はナチュラルなイメージがありますが、ラベルの成分表示をしっかりと見て、成分をチェックする必要があるようです。

(参考本:「オーガニックコスメ厳選303」)