オイルクレンジングは良く落ちるけど、
肌に悪い?

人気のオイルクレンジングは肌に悪い?

少し前まではクレンジング剤の人気ランキングで、大きな支持を得て人気の高かったオイルクレンジング。落ちの良さなどから、愛用している人も多いのではないでしょうか。
最近は、雑誌などで「オイルクレンジングはやめましょう」という記事や美容アドバイザーのコメントなどがよく紹介されるようになり、その影響からかクレンジング剤はミルクタイプやクリームタイプなどが人気を呼んでいるようです。

オイルクレンジングをやめた方がいい・・・といわれるその理由として、オイルクレンジングは「他のクレンジング剤と比較して洗浄力が強すぎる」とか、「こすり洗いをするため肌に負担がかかる」とか、さまざま言われているようですが、本当の理由、その根拠は何なのでしょうか?

石油系の「界面活性剤」の量が多い、オイルクレンジング

オイルクレンジングを避けた方がいいとする理由は、「一般のオイルクレンジングは、石油から作られた界面活性剤を多く使用しているため、使い続けると肌に負担がかかり、肌機能を衰えさせてしまうから」・・・ということだそうです。

実はクレンジング剤には、メイクや皮脂汚れを浮かせるための「油」と、混ざることのない油と水を混ざった状態にすることができる「界面活性剤」という2つの成分が使用されています。

「クレンジング料」=「油」+「界面活性剤」

油性のメイクを水で洗い流すためには、油と水を一緒にすることができる「界面活性剤」がどうしても必要となるそうです。界面活性剤があるから、油を含む汚れも水で溶かして洗い流せるというわけです。クレンジング剤にはなくてはならない界面活性剤ですが、この界面活性剤には石油系と植物系のものがあります。

石油系の界面活性剤は、皮膚の奥のバリアゾーンを破壊し、体内に浸透して皮膚障害・内臓障害を起こす危険性のある成分だといわれています。
でも、石油系の界面活性剤はとても安価に使用でき、国の基準で合法化されているので、さまざまな製品に使用されています。

オイルクレンジングには、この「石油系の界面活性剤の量」が他のクレンジング剤と比較して多く含まれているため、肌には良くないと言われているのです。石油系の界面活性剤を使い続けることで、お肌のバリア機能が少しずつ弱まっていき、トラブルが起こってくるようになるといわれています。

できるだけ、石油系の界面活性剤の量が少ないクレンジング料を選ぼうという意識が、美肌つくりには必要なのかもしれません。