乾燥肌は季節だけが原因?

合成界面活性剤とは?

台所用洗剤、洗濯用洗剤、クレンジング料、洗顔料、シャンプー、クリーム、乳液・・・。
私たちが毎日使っているこうした製品の多くには、「合成界面活性剤」が含まれています。

界面活性剤とは、交じり合わないはずの水と油を、混ざりやすくする性質を持つ物質のことです。この界面活性剤には、自然界に存在する界面活性剤もあれば、人工的に石油で作られる合成界面活性剤もあります。

合成界面活性剤は、自然界に存在する界面活性剤よりも機能性が高く、水と油の混ざった状態を長時間維持させる働き(乳化作用)があります。また、泡立ちを良くする働き(起泡作用)もあります。
そのため石油系の合成界面活性剤は、シャンプーやクレンジング、クリームや乳液などの化粧品を作るときに、重宝な成分となります。クリームや乳液の「乳化剤」として、また洗顔フォームやシャンプーの「洗浄成分」として、多くの製品に配合されているのです。

乾燥肌の原因は、実は化粧品だった?

合成界面活性剤が多く含まれた化粧品は、泡立ちが良くなったり、肌によく浸透したり・・・と使用感が良くなるのですが、使用していると合成界面活性剤が原因で、肌のトラブルを招くことが指摘されています。
石油で作られている合成界面活性剤は、それだけ肌に負担がかかるのです。

調べてみると、合成界面活性剤は「肌に残留しやすい性質」を持っているといわれています。
肌に付いた合成界面活性剤は、強力な界面活性作用で肌に残留し、皮膚の角質層や顆粒層を破壊していってしまいます。合成界面活性剤にタンパク質変性作用があるためです。
角質は肌の一番外側にあるバリアのようなもので、角質層がダメージを受けたりすると、そのバリア機能や保水機能が低下してしまいます。すると肌バリアがなくなり、角質層は異物の侵入を防ぐことができず、水分の保持すらできなくなり、肌を荒らしてしまうわけです。
慢性的な肌荒れは、乾燥肌を作っていきます。つまり、乾燥肌の原因は、合成界面活性剤を含んだ化粧品にあるということがいえるでしょう。

また、こうした原因で乾燥肌になってしまった人は、クリームや乳液を使うようになりますが、このクリームなどにも合成界面活性剤は含まれていますので、クリームを使えば使うほど乾燥するという悪循環に陥ってしまいます。

乾燥肌はシミや小ジワを作りやすくします。乾燥肌は美肌には大敵です。
アンチエイジング対策や乾燥肌を改善したいなら、「オーガニック」の認定を受けたオーガニックシャンプーやオーガニッククレンジング、オーガニックコスメなどを選んで使用することをおすすめします。こうした製品には、合成界面活性剤は使用されていません。

(参考本:「オーガニックコスメ厳選303」)