化粧品は人が使うもの、動物実験反対!

化粧品の動物実験とは?

化粧品に配合される「成分」について、その成分を化粧品に配合しても、人に安全かどうかを確かめるために、動物を使って実験を行っています。これを、化粧品の動物実験といいます。

新しい化学物質を化粧品に配合するときには、必ず動物実験をして安全性を確認することが、これまでの法律で決められていたようです。しかし、現在の日本の薬事法では、化粧品の開発において新規原料の動物実験が必要とされているわけではありません。
厚生省が実験のデータの提出を求めているのは、「ポジティブリスト(配合可能成分リスト)の防腐剤、タール色素、UV剤の3種に新しい成分を加えたいとき、もしくは配合制限成分を規定の配合量以上に配合したい場合のみ」ということです。つまり、安全なのかわからない成分を新しく使うときに、実験が必要だということです。

その実験方法として「動物実験に限る」と決められているわけではないのですが、動物実験に代わる代替法の認定・導入が遅れている日本では、これまで通りに動物実験が継続されているようです。

オーガニックな原料など、「安全」と認められた成分のみで化粧品を作っている会社は、動物実験をしていません。その必要がないからです。

<動物実験が反対される理由>
私たちが使う製品のために、マウスなどの実験動物たちが多くの命を失っています。しかし実際には、マウス、ラット、犬、猫・・・という動物と人間では、薬物や化学物質への反応は異なるはずですから、動物実験から得られるデータが本当に正確なデータとはいえないという声もあがっています。
本当に人に安全な化粧品をつくろうとするならば、動物実験が必要な成分を使用するのではなく、動物実験を必要としない安全な成分で化粧品を作るべき。そういう思いから、多くの人に今、動物実験は反対されているのです。

オーガニックコスメを作る会社などは、「安全」な成分を使用して「安全」な製法でオーガニックコスメをつくっていますので、動物実験をする必要がなく、動物実験を反対しています。

<化粧品の動物実験の一例>
・光毒性試験・・・モルモットやマウスの背中に試験薬を塗布し、太陽光線による成分の作用を調べます。
・眼刺激性試験・・・拘束器に入れられ、まぶたを開けたまた固定されたウサギなどの目に、試験薬を点眼してゆき、刺激性を調べます。
・皮膚刺激試験・・・ウサギやモルモットなど背中の毛をそり、試験成分を塗布します。時間経過によって炎症や損傷を観察し、成分がもたらす影響を調べるものです。

<動物実験を禁止している国>
動物実験を禁止している国は、オランダ、スイス、フィンランド、オーストリア、イギリス、ドイツです。オーガニック製品が多く作られている国に多いようです。
またEUでは、2009年に化粧品の動物実験禁止が決まっています(一部の毒性試験は2013年まで禁止することになっています)。世界の流れは動物実験廃止に向かっているようです。

動物実験をしないで、代替法や人へのパッチテストを使って安全性を確かめている化粧品メーカーも世界的に増えていますが、日本では大手企業などの多数のメーカーで動物実験は続けられています。