スローフードで食生活の原点に戻って考えよう

スローフードとファストフード

スローフード。最近、「ロハス」や「オーガニック(有機)」などの言葉とともに、よく耳にする言葉です。
よく足を運ぶオーガニックレストランやオーガニックカフェなどでは、「スローフード」運動を支持し、スローフードの考え方でつくられたメニューなどが紹介されていたりします。また、そのままズバリの、スローフードレストランも出てきています。

このスローフードという言葉は、イタリアで生まれました。
ハンバーガーショップなどに代表するような、「注文するとすぐに食べられて、世界中どこに行っても同じ料理、同じ味とサービスが受けられる」という「ファストフード」。その対極にある言葉として登場しました。
つまりスローフード運動とは、大量生産・大量流通からくる食の均一化に警告をならし、地方ごとの豊かな食文化を見直し、食を通して人としての心豊かさを取り戻そうという運動なのです。
ファストフードは、食のグローバル化によって味覚の均一化をもたらし、地域の豊かな食文化にダメージを与えてきました。スローフードは、それに対抗する食の新しい哲学だといえます。

<誕生はイタリアから>
食生活の原点に戻って考えようスローフードの提案は、1986年にイタリア北部ピエモンテ州のブラという町で始まりました。きっかけは、イタリアのローマに米国系ファストフードの1号 店がオープンしたこと。伝統的食文化が衰退してしまうと危機感を感じた人たちが、「スローフード協会」を設立してスローライフ運動が始まりました。

<スローフード運動の3つの柱>
スローフード協会が掲げるスローライフ運動には、大きな3つの目的があります。
それが次のような内容です。

1.消えつつある郷土の伝統的な料理や、質の高い食品、地酒(ワイン)などを守る。
2.質の高い素材を提供してくれる小生産者を守る。
3.子供たちを含めたすべての生活者に、味の教育を進めていく。

「味の教育」の基本になっているのは、子供が楽しんで、食べ物の味覚に興味を持てるようにすることだといいます。ファストフードのような食は、甘味 料や香料による人工的な味覚で統一されています。こうした味覚に慣れてしまうことは、味覚の均一化をもたらすことになり、それは広い意味で世界の食文化を 衰退させてしまうことにもつながっていくわけです。
味の教育は、人が本来もっている食の喜びを喚起させる目的があるようです。

イタリアから世界へ、スローフード運動が広がった

イタリアのブラという町で始まったこのスローフード運動は、いまや世界中に広まっています。
世界的な規模で拡大している食の均一化に警告をならすスローライフ運動は、有機農業や地産地消、健康的な生活や伝統的食生活などの見直しを迫られていた機運とあいまって、各国に受け入れられ、広い支持を得ています。
スローライフ協会はイタリア国内だけでなく、フランス、ドイツ、スイス、アメリカにも支部ができ、2004年には世界で6ヵ国目となるナショナルオフィスとして「スローフードジャパン」が誕生しました。

(参考:「スローフードジャパン」