食育を学ぶ

食育ってなに?

食生活情報サービスセンター2005年(平成17年)に、「食育基本法」が制定されました。
食育とは一体、何なのでしょうか?

財団法人「食生活情報サービスセンター」が制作しているWEBサイト「食育・食生活指針の情報センター」(http://www.e-shokuiku.com/index.html)には、次のように紹介してあります。
「食育とは、国民一人一人が、生涯を通じた健全な食生活の実現、食文化の継承、健康の確保等が図れるよう、自らの食について考える習慣や食に関する様々な知識と食を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指します」。

つまり、「食」は健康や健全な精神をつくるための基本であり、健康な心身になるための食生活ができるような知識と能力を、子供のときから身につけましょう・・・という内容が「食育」だといえます。

食育に関しては、食育活動をリードするための人材育成も行われ、食育資格などが急速に普及しています。たとえば、民間の資格である「食育アドバイザー」の資格もその一つです。正しい食の基礎知識を持つ食育のスペシャリストとして、活躍が期待されています。

食育の背景にあるもの

近年、日本人の食生活をめぐって、さまざまな問題点が浮き彫りになってきています。 たとえば、BSEや食品の表示などをはじめとする食への不安、栄養の偏り、不規則な食事、個食や孤食の増加、肥満や生活習慣病の増加、瘦せ志向・・・などの問題が生じてきています。
こうしたことから、国民一人ひとりが「食」について考え、「食」を判断する力をつけるための「食育」が必要とされているのです。

食育のメリット

食育を通して、子供から大人までが健康な食生活を送れるようになると期待されています。
適切な食を選び、適切な食生活を送る人が育つことで、健康を害する人が減少するだろうと期待されています。増え続けている肥満や生活習慣病の増加にも、歯止めがかけられるのではないかといわれています。
また食育の活動は、食糧自給率の低下や、農村の環境悪化という問題にも、プラスの影響を及ぼしていきます。

さらには、キレやすい子供や暴力をふるう若者などの増加も問題になっていますが、その背景にある原因のひとつには、「食の乱れ」があると指摘されています。食育と通して、食の知識を持ち、適切な食を判断できる能力を持つことは、健康な心を育むための基本でもあるわけです。食育は、子供たちの健全なこころを育てていくことにもつながっています。

食育のルーツは明治時代?

近年よく聞くようになった「食育」という言葉ですが、日本では明治時代にはすでに使われていたようです。
食養医学の祖といわれた石塚左玄が「通俗食物養生法」という本の中で、次のような文章を残しています。「今日、学童を持つ人は、体育も智育も才育もすべて食育にあると認識すべき。」
そしてまた、村井弦斎はその著書「食道楽」の中で、「小児には徳育よりも、智育よりも、体育よりも、食育がさき。体育、徳育の根元も食育にある。」と著しています。

どんな教育の根源は、食物にある。「食育」こそがもっとも大切な教育だということです。