日本の有機野菜とは?

日本のJAS法とは?

有機野菜とは?JASとは「JAPANESE AGRICULTURAL STANDARD」(日本農林規格)の略称です。
JAS法とは食品の品質保証を目的に制定されたもので、正式には「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」といいます。
JAS法では、「JAS規格制度」と「品質表示基準制度」の2つの制度が定められています。

*品質表示基準制度
農林水産大臣が制定した品質表示基準に従った表示を、すべての製造業者または販売業者に義務付けるものです。対象となるのは、一般消費者に販売されるすべての飲食料品(酒類、医薬品、医薬部外品、化粧品は対象外)となっています。

*JAS規格制度
農林水産大臣が制定した「JAS規格」の規格検査に合格した製品に、「JASマーク」をつけることを認めた制度です。
JAS規格制度では、JAS規格を満たしている製品に「JASマーク」を付けることができます。現在は、以下のJASマークが存在しています。

*「JASマーク」
品位、成分、性能等の品質についてのJAS規格(一般JAS規格)に適合する製品には、「JASマーク」を貼付します。食品や林産物などに付されます。

*「有機JASマーク」
有機JAS規格を満たす農産物などに付されます。有機認定を取得していない農産物と農産物加工食品は、有機JASマークや「有機○○」の表示はできないことになっています。

*「特定JASマーク」
特別な生産や製造方法についてのJAS規格(特定JAS規格)を満たす食品や、同種の標準的な製品に比べ品質等に特色があることを内容としたJAS規格(りんごストレートピュアジュース)を満たす食品に付されます。

*生産情報公表JASマーク
生産情報公表JAS規格を満たす方法により、給餌や動物用医薬品の投与などの情報が公表されている牛肉や豚肉、原材料や製造過程などの情報が公表されている加工食品等に付されます。

*「定温管理流通JASマーク」
製造から販売までの流通行程を一貫して一定の温度を保って流通させるという、流通の方法に特色がある加工食品に付されるマークです。米飯を用いた弁当類(寿司、チャーハン等を含む)について認定を受けることができます。

(参考:農林水産省

「有機JAS認定」って、なに?

ここでは、「有機JAS」について紹介します。
農薬や化学肥料を使わない有機農産物へのニーズが高まるにつれ、市場では「有機(オーガニック)」と表示された野菜が多く出回るようになったことを受け、農林水産省は1992年に「有機農産物及び特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」を制定しました。
このガイドラインは法的な拘束力がなかったために、市場には自称「オーガニック食材」「オーガニック野菜」が溢れるようになりました。そんなニセモノの有機農産物(オーガニックフード)を排除するために、農林水産省は2000年に日本農林規格「農林物資の規格化および品質表示の適正化に関する法律(JAS法)」の一部を改正します。この法律のもとで2001年4月からは、農産物や農産物加工品に「有機」と表示するためには「有機JASマーク」を貼ることが義務付けられるようになりました。
「有機JASマーク」を貼るためには、有機JAS規格で定められた基準を満たし、オーガニック検査員による検査を受け、第三者機関である認定機関から有機認定を受けなければなりません。
有機JASマークは、オーガニック栽培から生まれた有機農産物であることを証明するマークといえます。

有機農産物とは、JAS規格では次のような規定になっています。
◎有機農産物
化学的に合成された肥料および農薬の使用を、2年以上使わなかった土で栽培されたもの。(多年生産物の場合は、最初の収穫前3年以上)種や苗を植える時から収穫するまでも、農薬を使ってはいけないと決められています。

(参考:JAS協会