造り手にも優しい有機栽培

消費者にも環境にも、そして生産者にもメリットがある有機栽培

造り手にも優しい有機栽培有機栽培は化学肥料や農薬を使用しないで、有機肥料(堆肥)などで農作物を栽培する方法です。無農薬、無化学肥料で作られたものと有機認定されると、「有機JASマーク」をつけることが許されます。

無農薬有機栽培で育てられた農産物の魅力は、なんといっても「美味しい」「安全」ということでしょう。「有機野菜は美味しい」と多くの人に評価されているようですし、そしてまた土の力を生かして育てるオーガニック栽培は、農薬や化学肥料を使用しないので、土壌を健康にして、農地や河川を汚染することもありません。環境にもやさしく、豊かな生態系を育みます。
そして、有機栽培で作られたオーガニックな食材は健康なものですから、食べる人の健康にも良く、さらには作る人の健康にも良いものです。農薬の被害をもっとも深刻に受けるのは、作り手自身です。農薬を使う農業は、作り手の健康にも悪い影響を及ぼしています。

安全な農産物を生む有機栽培は、私たち消費者だけにメリットをもたらすものではなく、生産者にとっても安心できる栽培法だといえます。