地産地消で環境問題改善と経済発展

「地ものを食べよう!」~地産地消とは?

地産地消地産地消とは、「地域で生産されたもの(農産物や水産物)を地域で消費する」ことをいいます。
地産地消は、食育を推進するためにも大切な取り組みで、地域の農業を活性化させるためにも、そして環境を守るエコロジーといった観点からも大切な考え方です。

日本の現在の食料自給率は40%といわれています。
つまり、ほとんどの食材を外国からの輸入に頼っている現状があります。将来的には世界の人口が今よりも大きく増えるだろうと言われ、世界的に食料不足が懸念されています。日本の農家数が年々減少していることから、食糧自給率を向上させていくことが大切になっています。

今、スーパーの食材や食卓にあがる料理を見渡してみても、安価な輸入農水産物でいっぱいです。ファミリーレストランや市販のお弁当をとっても、外国からの 輸入食材で構成されています。食品自給率を上げるために、地元の食材を使い、地元の(日本の)農家を応援しようという意識が広がっています。

また、「地球温暖化防止」のためにも、「地産地消」の取り組みには大きなメリットがあります。同じ食材・食品でも、生産地から食卓までの距離が遠く 離れるほど、それだけ輸送に伴って発生する二酸化炭素(CO2)や輸送エネルギーを多く消費します。なるべく近くでとれた食料を食べることで、輸送に伴う エネルギーを減らし、地球環境への負荷を減らしていこうという運動を「フードマイレージ」といいますが、この点も地産地消が注目される理由の一つと言えま す。

さらには、次代を担う子供たちに「食」の大切な知識を伝え、食生活を通して心身を健全に育めるように育てる「食育」の取り組みもまた、地域で生産された栄養価の高い、新鮮な農林産物を食べようという「地産地消」へとつながっています。

このように「地産地消」は、地域の農業を活性化させるために役立ち、「地球にやさしい」「心と体の健康を育む」というメリットが期待できる取り組み なのです。まさにエコライフ、エコ料理が実現する考え方だといえます。オーガニック野菜やオーガニック食品に興味のある方には、共感できる内容なのではな いでしょうか。

地産地消のメリット、まとめ

<消費者のメリット>
*新鮮な農産物を買うことができる。
*消費者が生産者の顔や生産方法を知ることができ、安心して買うことができる。
*「旬」のものや伝統的な食文化を知ることができる
*流通にかかる経費を節減できることから、安く購入できる。
*生産者と交流ができる

<生産者のメリット>
*流通にかかるコストが安くなり、所得の向上につながる
*生産者が直接販売することで、少量の産品、不揃い品、規格外品も販売できる。
*消費者のニーズを知ることができ、効率的な生産を行うことができる。
*耕作放棄地を防止でき、地域特産物の継承や農業技術を守れる。
*新鮮で栄養価の高い食材を提供できる。

<その他のメリット>
*地球環境への負荷を軽減し、エコロジーに貢献できる
*食育の実践に役立つ
*食糧自給率の向上にも役立つ